PAGE TOP

ISES JAPAN Director's Message/代表挨拶

国際留学生センター




日本が技術・経済・文化等の面で世界に多大な影響を及ぼすようになった現在、
広い視野を持ち、かつ国際社会で活躍する人材を養成することは、最も重要な
課題の一つと言えるでしょう。
こうした今日及び明日の時代の要請にISES JAPAN 国際留学生センターは
積極的に対応し、国際交流を基盤に種々プロジェクトの充実発展に鋭意努力
しております。
当センターの基本的精神は終始一貫堅持されています。
それは、
1.民間レベルでの国境や文化を超えた相互理解の推進
2.一般留学のみならず、高度な学術研究者への協力推進
明日の日本を担う皆様方が、各国の生活・文化等を体験する中で、国際人として
成長されることを願ってやみません。
どうぞ私共の趣旨をご理解の上、ISES JAPAN 国際留学生センターを積極的に
ご利用くださることを期待いたします。
                     国際留学生センター

会社概要

ISES JAPAN 国際留学生センターは、1968年の設立以来長きにわたり、皆様の留学に伴う幅広いサポートを展開しています。
海外留学のコンサルティング業務を発端に、短期・中期・長期のグループ留学の企画手配、留学情報誌・CD-ROMの出版、翻訳、
英国ウェールズ大学日本事務局、 アメリカ公立5短期大学連盟日本連絡事務所、受託英語教室、事業分野を広げてまいりました。
教育の国際化に伴い、英語圏以外での事業にも積極的で、今では各国への留学カウンセリング業務においては確固たる老舗として
信頼を頂いています。

名 称 株式会社国際留学生センター
英文名 ISES JAPAN
創 業 昭和43年(1968年)4月1日
資本金 2,000万円
会社設立 昭和62年(1987年)7月
代表者 代表取締役 櫻谷廣志
所在地 〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-26-20 江戸堀グロウスビル9F
事業内容 ・留学手続代行およびカウンセリング
・小学校から大学まで、または企業に対する語学指導業務
・海外語学研修、企業研修、旅行業務
・海外の大学の日本連絡事務所
  英国国立ウェールズ大学
  アメリカ公立5短期大学連盟
・パンフレット、カタログ等の翻訳
・AIU保険会社の代理店
・教育関連分野におけるホームページの作成
取引銀行 りそな銀行
三井住友銀行
SMBC信託銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
SMBCインターナショナルビジネス
主な取引先 近畿大学附属高等学校、プール学院中・高等学校、北海道札幌西高等学校、
武庫川女子大学附属中高等学校、岐阜市立女子短期大学、帝塚山学院小学校、
山陽女学園中等部・高等部、麹町学園女子中学校・高等学校、苫小牧駒澤大学、
追手門学院大手前中・高等学校、芦屋学園中学校・高等学校、香里ヌヴェール学院、
ブリティッシュカウンシル、英国政府観光庁、八尾市役所、大阪ユネスコ協会、
オーストラリア大使館、アイルランド大使館、 ニュージーランド大使館、
開TB、概PI、芥.I.S.、鞄本旅行、AIU保険会社、三井住友VISAカード、
三菱UFJニコスDCカード

沿 革

1968年 3月  創業
1972年 3月  ユニセフ交換留学生の日本出先機関となる
1983年 1月  英国ケント大学日本事務局となる
1984年 3月  米国パシフィックルースラン大学 修士号コース日本事務局
1986年 1月  語学部(LSD Language Service Division)開設
1987年 7月  会社法人 株式会社国際留学生センター設立 資本金 500万円
1988年 3月  サンフランシスコ支局開設
1989年 1月  英国国立ウェールズ大学日本事務所となる
1991年 3月  「留学INDEX」創刊
1994年 3月  スコットランドモリソンアカデミー日本事務局となる
1995年10月  資本金を1,000万円に増資
1997年 1月  ISES International設立
1998年 4月  アイルランド国立スライゴー大学日本事務所となる
2000年 3月  大阪ユネスコ協会研修センター開設
2002年 1月  「留学INDEX CD−ROM」創刊
2004年 3月  資本金を1,550万円に増資
2009年 3月  資本金を2,000万円に増資
2012年 3月  アイルランド国立大学ゴールウェイ校日本事務局となる
2013年 3月  HISと業務提携
2015年 4月  ワシントン州エベレット公立短期大学日本事務局となる
2016年10月  グレートバリアリーフマラソン日本事務局となる
現在に至る

アイルランド大使館手紙  国際留学生センター  国際留学生センター